OUR STORY

CONCEPT

古美術の街としても知られている新門前通りに位置し、清らかな水が流れる祇園白川の傍らにひっそりと佇むラグジュアリーブティックホテルThe Shinmonzen。
10年以上もの歳月をかけて、京都への深い想いを込めながら取り組まれてきたこのプロジェクト。世界でもっとも有名な現代建築家の一人である安藤忠雄氏、コスモポリタンなインテリアデザインで知られるレミ・テシエ氏やアーティストの友人達が、京都の伝統や文化遺産に思いを馳せ、現代の旅行者のためにThe Shinmonzenをデザインしました。

The Shinmonzenでは、おもてなしを大切にする日本の心、喜びを大切にするプロヴァンスの姉妹ホテルVilla La Coste(ヴィラ・ラ・コスト)の心を大切にし、みなさまの旅の想い出を特別なものにいたします。ゆったりとした時間に包まれながら特別なひとときをお過ごしください。

ARCHITECTURE

“京都、祇園の新門前通り、白川沿いに建つ瀟洒なホテルである。
古都の伝統を忠実に守りつつ、現代の新たなライフスタイルに合うような空間を創ることを意図した。
「歴史」と「現代」、そして、「未来」の融合である。
京都という地域を表現しつつ、世界に開かれた世界を創る。
各部屋からは、京都でも最も美しいとされる白川の水の流れや煌めきを楽しめるように意図した。ここを訪れ、過ごす人たちが、新たな古都の魅力を発見していただくことを願う。”

建築家・安藤忠雄